非常勤勤務に支えられている医療体制!?医師にもバイトする理由がある

経験を積むためにバイトをする

勤務医の中には、週4日に出勤を制限して2日をバイトに費やす人もいます。休みが週に1日しか無いことがサラリーマンにとっては少ないと感じるかもしれませんが、開業医の勤務体系が週6日勤務が多いので医師にとっては普通でしょう。勤務している病院が大きいほど、珍しい症例は権威がある人の所にしか行かないので、経験を積んで開業医を目指す場合にはバイト先で専門・専門外に関わらず経験を積むためにバイトをしている人が多いのですよ。

開業資金を早く作りたい

勤務医で一生を終える人も中にはいますが、出世街道を進んでいない限りは開業医となることは医師にとって夢です。開業資金が億単位となっているために、10年程度は賢明に貯蓄をする医師が多いことは確かです。非常勤勤務となる医師のバイトは、欠員が出ている所を助けるために高めの給与が支払われています。開業時に銀行から受けられる融資の額が近年は減少しているために、自己資金を多く集めておくことが求められており、率の良いバイトを増やした方が勤務医にとって貯蓄を増やせるのです。

凄腕の専門医の技術を身につけたい

医師の中には専門分野の技術を更に磨くために積極的に研修を受ける人が多いことは確かです。しかし、凄腕の専門医がいる場合には非常勤勤務を行ってでも技術を身につけたいと考えますよね。報酬度外視で教えを請うために医師がバイトとして勤務することは珍しいことではなく、他の医院とは異なる休業日を平日に設定している開業医は、技術を磨くためにバイトをしている人が多いです。診療科目を増やすために積極的な非常勤勤務を行う医師もいるので、向上心豊かな医師ほど外での勤務を厭わない傾向にあります。

医師のバイトには産業医、子供の健康診断などの外勤の他、医療アドバイザー等在宅でも出来る高収入の仕事があります。