運転だけがタクシードライバーの仕事ではない

競争が激しいんタクシー業界の差別化

タクシー会社は日本にはたくさんあります。一般的に地元のタクシー会社がその地域で営業するのですが、最近では全国的に営業をしているタクシー会社が地方に進出してきており、地元の会社と競争をおこなっています。同業でありおこなう仕事内容も同じため、各社甲乙つけがたいと思われますが、中には運転以外のおもてなしの部分に重点を置いて営業をおこなったり、運転手自身がホテルのボーイのような身なりで他社とタクシーの雰囲気を変えたりしています。

お客さんとの対応ができること

タクシー自体は目的地に到着するまでの間、運転手との密室状態になります。お客さんによっては一人でいたい、話しかけないで欲しいと思っている人もいますし、また目的地まで会話を楽しみたいと思っているお客さんもいます。その判断をお客さんを一見しただけで判断できるような洞察力も必要ですし、会話が好きなお客さんに対しては会話がはずみ、楽しいと思わせるようなコミュニケーション能力も必要になってくるために運転の技術だけでは済まないこともあります。

ドライバーが運転以外に必要なスキル

単に運転能力があるだけの人材を確保するだけではなく、それ以外にもお客さんが楽しく目的地に着き、また利用したいと思わせるようなおもてなしが必要になります。そのために対人関係についてのスキルがあったり、また会話力があったり、時事をはじめとしての雑学を持っていたりする人材がタクシー会社には評価が高くなります。人生を積み重ねていろいろと経験してきた中高年がそのようなスキルを持っていることが多く、そのために求人のターゲットにもなりやすいです。

ドライバーの求人では、雇用保険や健康保険、厚生年金などの社会保険が完備されているので安心して働けます。